Menu

苦しくない(我慢しなくてよい)ダイエット法

ダイエットと言えば成功するために苦しい思いをしなければいけないというイメージがありますが、実は間違いです。

ダイエットと言えば「体重を落とす。

」と考えてしまいますが、「ダイエット」とは、「健康的に痩せる

」という考えに切りかえることから、まず始めましょう。

よく勘違いしてボクサーのような苦しいことをしなければならないと考える方が多いですが、ボクサーの体重を落とすのは「減量」といい「ダイエット」ではありません。

あくまで「ダイエット」は健康になる者で、「体重」を落とすという考えから「体脂肪」を落とすという考えにしてから「ダイエット」を始めるといいです。

「減量」も「ダイエット」も消費カロリーと接取カロリーの計算が大事で、その数字はあくまでも目安なので、気をつけましょう。

中でも正しい数字と言えるのは、体重ぐらいです。

体脂肪率もおおよそで出しているものと考えた方が良いです。

一番良いのがフィットネスクラブなどにいき体脂肪を計れば、だいたいの体脂肪測定の機械は基礎新陳代謝(生きるために動く(呼吸)などの代謝率)が出てきます。

その数字と運動したカロリーを計算して、今日はだいぶ動いたから「少しご飯を多く食べよう。

」や「いや、せっかく動いたので暴食はせずに我慢して普通どおりに食べよう。

」などを考えながら、過ごすと良いです。

ダイエットとは結局、「自分との闘いです。


先ほど、ボクサーを例に出しましたが、ボクサーは2回試合をするような感じになります。

まずは「減量」での「自分との戦い」もう一つは「相手ボクサー」との闘いです。

ボクサーの減量を真似はできませんので、しっかり、摂取と消費の計算をするのをお勧めします。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>